革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

通関士を、ゼミネットの通信で受講したらどうなる?

通関士の通信講座をここでひとつずつ詳細に説明していきましょう。いくらかかるのか、
どんな教え方をしてくれるのか、といった受講者が気になる点を項目化して説明していきます。
今回は「ゼミネット」の通関士の通信講座についてです。

~ゼミネットで通関士を受けると、どんな感じで勉強することに??~
ゼミネットは、通関士の通信講座を、Webを通して提供してくる会社ですね。
ゼミネットはどの資格試験もWebにアップロードした講義映像で指導していく会社で、
eラーニングの先端を走る通信講座会社ともいえます
(将来的にもっと伸びる可能性が指摘されています)。

ゼミネットは期間を選べる学習機関だともよくいわれますが、受講期間の選択肢があることも人気ですね。わかりやすさについても特に不満を感じる人が多いという話も聞かれません。

若い世代や、毎日インターネットの利用に慣れている層には特におすすめできますね。

~全部を勉強できるコースの代表、および金額の説明~
速習3ヶ月コース:2
5千円
標準6ヶ月コース:3万円
総合12ヶ月コース:4万円

いくつかの理由から、ゼミネットでは高額の受講料金を必要としていません。
1年まるまる勉強するコースを選んでも、他社と比べてもけた違いの安さで受講できることは、金銭的余裕がない受講者には何ものにも代えがたいメリットでしょう。

~ゼミネットで通関士を受けると、どんなテキストや問題集を使うことに??~
ゼミネットは、実はオリジナルのテキストを作成させていません(これは、
実は相当の費用がかかる作業で、各社ともかなり苦労しています)。オリジナルのレジュメは
PDF等でつくっていて、ダウンロードできるようにしてくれますが。

その代わりに、市販のテキストや参考書を推薦してくるのですが、
問題集も含めてそれらを別に用意しないといけないのが難点となっています。

この点はかなり評価が分かれる点です。実際にこの点で不満を感じたという声は
多数
あがっているようです。

~ゼミネットで通関士を受けると、どんなeラーニング教材を使うことに??~
ゼミネットの動画は、安定して再生できるパソコン環境を用意したら、
とても便利に使って行けます。
撮影にしても、優秀なスタッフを使っていることがすぐにわかります
(機能も多いほか、撮影が凝っていて疲れずに見られますし、
大事な部分もわかりやすく大写しにしてくれます)。

~ゼミネットで通関士を受けると、どんなサポートを期待できる??~
質問は専用のWebフォームで受け付けています。回数にも上限はありません。
ゼミネットは、「ほぼ100%会員制のWebサービス」ですから、
今後さらにWeb上でのサービスが増加していく可能性もあります。

通関士の通信講座をここでひとつずつ詳細に説明していきましょう。いくらかかるのか、
どんな教え方をしてくれるのか、といった受講者が気になる点を項目化して説明していきます。
今回は「フォーサイト」の通関士の通信講座についてです。

~フォーサイトで通関士を受けると、どんな感じで勉強することに??~
フォーサイトは通信講座専門の会社で、通学講座をやっている会社ではなかなか
できないことを深く追求してきた会社といわれています。

フォーサイトの人気の原動力になっているのは、おそらく教材や指導要綱に、予算を潤沢に
投じていること
でしょう。フォーサイトは広告・宣伝に大金を使っていない会社で、
少し見ただけですぐ実感できる教材の見やすさ・使いやすさが印象的な会社です。

~全部を勉強できるコースの代表、および金額の説明~
フォーサイト通関士講座:約5万円

フォーサイトの通関士の通信講座は、業界の相場よりもだいぶ安いと断言できます。

~フォーサイトで通関士を受けると、どんなテキストや問題集を使うことに??~
フォーサイトのテキストは、どのページでも鮮やかなカラーが使われています。
それも似たような色ばかりではなく、赤や青といったまったく違う色が同時に
使われているため、集中力を落とさずに読み続けられる点と
肝心な点がどこなのかすぐ見抜ける点が強みですね。
内容も、他社と同様に合格に必要な学力を高めていける内容に仕上げられています。

問題集は実際の試験を想定しているためモノクロ印刷ですが、過去の試験問題を研究して
優先度を指摘するようなアイデア
が活かされています。

~フォーサイトで通関士を受けると、どんなeラーニング教材を使うことに??~
フォーサイトはDVDで映像を届けることにかなりの熱意を持っている会社で、
受講するときに使いやすいDVDになることを(おそらく、この通関士の講座の世界でも
いちばん熱心に)研究してきました。

その結果、一般的な教室の風景をカメラに収めて終わりにするのではなく、
先生の姿を絶えずよい位置から収め、テキスト参照時にもページを
よい具合にアップするといった編集スタイル
になっています
(見やすくないDVDをつくる通信講座を申し込んだために、結局DVDをろくに見ないで
終わってしまった失敗例が世間で少なくないことを踏まえているのでしょう)。

~フォーサイトで通関士を受けると、どんなサポートを期待できる??~
質問をする回数は決まっていて、それを超えると有料制になります。
電話やFAXでは質問できないため、この点で他社と比べて劣っているという意見もあります。

ただメールでさまざまな相談を受け付けているほか、メールマガジン等も発行して
受講者のサポートに努めています。
会員専用のWebサイトもあるため、パソコンや携帯電話で、
さまざまなサービスを受けることも可能です。

通関士の通信講座をここでひとつずつ詳細に説明していきましょう。いくらかかるのか、
どんな教え方をしてくれるのか、といった受講者が気になる点を項目化して説明していきます。
今回は「ユーキャン」の通関士の通信講座についてです。

~ユーキャンで通関士を受けると、どんな感じで勉強することに??~
ユーキャンは、資格の通信講座として通関士も含めて多数の試験対策を行ってきました。
通学講座にはあまり出せない特色、中でも「気軽にスタートできる」という特色を
大きく打ち出しながら成功している会社で、通関士に関してもまず初心者が手を出しやすい教材をつくっていることがひと目でわかります。
ユーキャンの教材だったら、ついていけなくて困るということはまずないでしょう。

~全部を勉強できるコースの代表、および金額の説明~
通関士合格指導講座:約6万円

ユーキャンはどの通信講座もあまり授業料を変えないという噂がありますが、
この通関士に関しても他の講座と共通する安さで利用できます。

~ユーキャンで通関士を受けると、どんなテキストや問題集を使うことに??~
ユーキャンのテキストは、「10代の頃の学校や塾のドリルのように簡単で使いやすいという意見が目立ちますね。基本的には2~3色刷りで図表やイラストもけっこう多めです。見やすさについてはかなりいいほうでしょう。

問題集やテスト系の教材ももちろんありますが、少量のためその点を物足りなく思う人は
多いようです。ただし、ユーキャンはもともと小さめで薄い教材を売り物にして、
気安くはじめられることをアピールに使ってきましたから、その点を認識して選ぶべきでしょう。
なお、申告書作成専用の問題集が個別にあるのですが、こちらはかなり好評が集まっています。

~ユーキャンで通関士を受けると、どんなeラーニング教材を使うことに??~
ユーキャンにも動画は多少あるものの、中身の濃さも量・時間の長さも足りているとは
いえません。基本的に、度の動画も時間が2分30秒しかありません
(字幕や見取り図は表示してくれるのですが)。

~ユーキャンで通関士を受けると、どんなサポートを期待できる??~
ユーキャンは質問をいつでも受け付けてくれますから、何も分からない初心者にとっては
助かるでしょう。電話やFAXや郵送ほかメールでも質問をすることができます。
もっとも、それ以外に受講者専用のサポートサービス等は用意されていないようです。

通関士の通信講座をここでひとつずつ詳細に説明していきましょう。いくらかかるのか、
どんな教え方をしてくれるのか、といった受講者が気になる点を項目化して説明していきます。
今回は「クレアール」の通関士の通信講座についてです。

~クレアールで通関士を受けると、どんな感じで勉強することに??~
講師はマンハーフの立山立志先生です。だから、一定のクオリティは担保されています。

クレアールはたくさんのセールスポイントを持っていますが、
特に大事にしているのは「合格に必要な学習範囲を徹底して教える」ことと
「eラーニングを上手に活用して教える」ことでしょう。

~全部を勉強できるコースの代表、および金額の説明~
通関士合格コース:50,000円

~クレアールで通関士を受けると、どんなテキストや問題集を使うことに??~
必要な部分だけを抜粋し、資料や問題演習等もまとめた「オールインワン教材」のセットが
有名で、軽量化や分冊化の極地といった趣があります(持ち運びはとても楽です)。
イラストや余白が多めで使いやすいですね。ただモノクロ印刷のため、
味気なく感じる人も毎年います

~クレアールで通関士を受けると、どんなeラーニング教材を使うことに??~
DVDでもWebでも好きなように選べます。また、音声データもセットで提供されているため、 好きなプレイヤーにデータを移せば外出先でもリスニングをすることができます。

~クレアールで通関士を受けると、どんなサポートを期待できる??~
全6回の添削指導がついてきます。

通関士の通信講座をここでひとつずつ詳細に説明していきましょう。いくらかかるのか、
どんな教え方をしてくれるのか、といった受講者が気になる点を項目化して説明していきます。
今回は「ヒューマンアカデミー」の通関士の通信講座についてです。

~ヒューマンアカデミーで通関士を受けると、どんな感じで勉強することに??~
ヒューマンアカデミーは、マンモス型の教育スクールグループといっていいでしょう。
通信講座にしても、さまざまな資格やさまざまな趣味のものが用意されています。しかし
どの講座にもまんべんなく費用や手間をかけている点で、好感を持てる会社でもあります。

通関士の通信講座は゜片山立志先生が、講義を担当
されています。
つまり、この講座は株式会社マウンハーフジャパンと提携した通信講座です。

~全部を勉強できるコースの代表、および金額の説明~
通関士テキストコース(DVDなし):32,000円
通関士WEB・DVDコース:51,800円

通関士WEB・DVD安心コース:97,000円

DVDなしを選んだら学習の効果も半減してしまいますが、DVDありを選ぶと
かなりの出費を強いられる点が残念な点でしょう。

~ヒューマンアカデミーで通関士を受けると、どんなテキストや問題集を使うことに??~
株式会社マウンハーフジャパンで使用されている教材です。

~ヒューマンアカデミーで通関士を受けると、どんなeラーニング教材を使うことに??~
DVDありを選んだ場合、映像による学習ができます。

~ヒューマンアカデミーで通関士を受けると、どんなサポートを期待できる??~
全6回の添削指導がついてきます。。
残念なことは、最近はやりのWeb等を使ったサービスが見られないことでしょうか。

通関士の通信講座をここでひとつずつ詳細に説明していきましょう。いくらかかるのか、
どんな教え方をしてくれるのか、といった受講者が気になる点を項目化して説明していきます。
今回は「TAC」の通関士の通信講座についてです。

~TACで通関士を受けると、どんな感じで勉強することに??~
通関士の通信講座として、TACはLECと負けないくらいの大手に入っている会社です。
基本的に、LECに期待できることはTACでもほぼ同じように期待できると思っても
いいでしょう。ただ、LECでは講座の種類や教材の種類がかなり多くて、
かえって選びにくいという指摘もあり、TACのほうがその点情報量も控え目で
選びやすさではTACのほうが上でしょうか。

TACは、インプットとアウトプット(知識の習得と、答案の作成力)を
指導要綱の中心
にしているスクールのひとつです。
ただし、アウトプットに関しては少し比重が低いのではないかという意見もありますね。

~全部を勉強できるコースの代表、および金額の説明~
総合本科生:242,000円
総合本科生S:252,000円

TACは通学講座と通信講座を同時に開いている大手のスクールである以上、
どうしても授業料は高くついてしまいます。そこは覚悟して注文するべきでしょう。

~TACで通関士を受けると、どんなテキストや問題集を使うことに??~
TACのテキストは、文章による説明と図解による説明のバランスもほどほどによく
また余白もわりとゆったりと入れられている印象を受けます。
ただし基本的にはモノクロ印刷で、無機質な印象があることもまた事実です。

なお問題集のボリュームがテキストのそれに比べて物足りないという意見も
以前より出ていますが、そこはあまり変えられていない模様です。

~TACで通関士を受けると、どんなeラーニング教材を使うことに??~
受験者は最初、講義を決めるときセミナーやガイダンスの映像を見て決めることが多いの
ですが、このときの映像と、講義の映像とでは制作方針が違うようです
(講義以外の映像のほうが、豪勢な映像に編集されていることが多いようです)。
講義の映像は通学講座の風景が収められているようですが、特別な工夫はないようですから
通学講座に特にこだわりのある人以外にはあまりプラスになる面は感じられません

~TACで通関士を受けると、どんなサポートを期待できる??~
DVDとWebとで、質問の制度が変わります。Webのほうはメールで質問できますが、
DVDの場合は質問カードを使うことになります。

ちなみに、通学講座と通信講座が両方あるスクールならではのサポート(スクーリング)が
あります。これは無料で教室の講義に出席できる権利が与えられる制度です。

通関士の通信講座をここでひとつずつ詳細に説明していきましょう。いくらかかるのか、
どんな教え方をしてくれるのか、といった受講者が気になる点を項目化して説明していきます。
今回は「LEC」の通関士の通信講座についてです。

~LECで通関士を受けると、どんな感じで勉強することに??~
通関士の通信講座の世界では飛びぬけて大規模なのがこのLEC(東京リーガルマインド)ではないでしょうか。
「今どきの資格のスクールでやっていることはおおかたやってくれるような環境で通関士を勉強したいという人には、LECはおすすめです。

LECは通信講座よりもまず通学講座のほうが有名でしょう。それでも、通信講座を選んだ場合でも通学講座と同じくらいゴージャスな設備やサービスの恩恵を実感しながら
勉強していくことができます。

~全部を勉強できるコースの代表、および金額の説明~
通関士初学者コース:約22万円
通関士必勝コース:約24万円
通関士学習経験者向けパック:約9万円

LECの通信講座は、通学講座とあまり受講料金が変わりません。
他社と比べると割高になることは覚悟しないといけないでしょう。

~LECで通関士を受けると、どんなテキストや問題集を使うことに??~
LECのテキストは、イラストを多用する方針で、見やすさを意識しています。
しかも余白もわりと多く入っているため読むのがつらくならない配慮もされていますね
(ただし原則として白黒のため、他社と比べても格段に読みやすいというわけでもありません)。

問題集は簡潔なページ構成ですが、基本的には解説がもれなくついてくるため、
受講生からの評判はかなり上々のようです。分量もたっぷりとしています
(分厚くて使いにくいということはありません)。

~LECで通関士を受けると、どんなeラーニング教材を使うことに??~
LECでは、DVDやWebを通して映像で講義を送ることには、かなりの費用と手間を
かけています。テキストの拡大やカメラアングルの移動も適宜入る構成ですね
(ただし講座による差はありますが)。

画面を操作する機能まで豊富に用意されていることが多いです。
最近は、スマートフォン対応の講座まで用意されています。

~LECで通関士を受けると、どんなサポートを期待できる??~
LECではサポートはかなり優秀と言っていいでしょう。受講生掲示板やメールマガジンも
用意されていますし、受講者専用のWebサイトサービスもあります。

この中で有名なのは「Online Study」でしょうか。これは、教材にWeb動画を選んだときは
自動的についてくるのですが、講義映像の利用のほかに質問等も簡単にできて、
とても便利な機能でいっぱいです。

通関士の通信講座をここでひとつずつ詳細に説明していきましょう。いくらかかるのか、
どんな教え方をしてくれるのか、といった受講者が気になる点を項目化して説明していきます。
今回は「マウンハーフ」の通関士の通信講座についてです。

~マウンハーフで通関士を受けると、どんな感じで勉強することに??~
マウンハーフは、他の通信講座の会社と違って、貿易関係の通信講座しか開講していない
いわれています。これは実は今の日本ではかなり稀有なことです
(他社は軒並み、たくさんの資格を教えています)。

こだわりを持っていることは事実で、マウンハーフは、通関士の受験指導の第一人者と
呼ばれる有名な指導者が講座を手掛けることで有名になりました。
実際に造詣の深い指導を受けることができる講座です。教材の量は
決して多いとはいえないのですが、知識の吸収と、試験本番のための演習とが
うまくバランス化されている
ことは間違いありません。

~全部を勉強できるコースの代表、および金額の説明~

テキストコース:31,320円
マスターコース:75,600円
エクセレントコース:95,040円
ゴールドコース:108,000円

通関士の通信講座としては、マウンハーフはやや高いでしょう。

~マウンハーフで通関士を受けると、どんなテキストや問題集を使うことに??~
マウンハーフのテキストは「重要なポイントは図解にしてある」といった工夫は
ひと通りされているのですが、ページ構成は全体としてはそれほど見やすく、
飽きずに使えるというほどではないでしょう。
モノクロ印刷でわりと余白も少ない構成が目立つため、読んでいて単調になってくるという
意見を持つ人は少なくない模様です。

マウンハーフは人によって好き嫌いがけっこうある通関士通信講座といってもいいでしょう。
合格ハンドブック(市販されています)に軽く目を通して、
自分に適性があるかどうかを確認してから選ぶといいかもしれません。

~マウンハーフで通関士を受けると、どんなeラーニング教材を使うことに??~
通関士の通信講座といえば、映像による講義があることが今では常識になりつつありますが、
マウンハーフの場合はDVDのみであって、
eラーニング自体がないことが難点でしょう。

~マウンハーフで通関士を受けると、どんなサポートを期待できる??~
マウンハーフの通関士通信講座では、あまり目立つ形でサポート系のサービスが
行われていないという印象を持つ人もいるようですが、そんなことはなく、
メールマガジンを発行したり、講師ブログを使ったりして
情報を多数発信することをやっていますね。

受講希望者向けのガイダンスやスクーリング・模擬試験等のイベントも随時企画している模様です。

通関士の通信講座をここでひとつずつ詳細に説明していきましょう。いくらかかるのか、
どんな教え方をしてくれるのか、といった受講者が気になる点を項目化して説明していきます。
今回は「日本関税協会」の通関士の通信講座についてです。

~日本関税協会で通関士を受けると、どんな感じで勉強することに??~
日本関税協会は、通関士の通信講座の世界では非常に異色の存在です。
名前からもわかるように、いわゆる企業ではなくて公益財団法人です。しかし、通関士を
育成することを重視したいという意向もあって、何十年も前から通関士の通信講座を
続けています。マウンハーフと並んで、通関士の指導のスペシャリストとなっていると
みなしてもいいでしょう。

ただし、すべての受講者が満足しているというわけではないようです。
むしろかなり古くから続けていることがあだになって、
豊富な蓄積を利用しているという範疇を超えて、指導法が古めかしくなってしまっている
ふしもあります。「基礎から徹底して自分のものにしていきたい」という人にはかまいませんが、最新式の指導や対策を期待する人には物足りない結果になる可能性があります。

~全部を勉強できるコースの代表、および金額の説明~
通関士養成通信教育講座:64,800円

授業料については平凡といってもいいでしょう。

~日本関税協会で通関士を受けると、どんなテキストや問題集を使うことに??~
テキストはまずまず読みやすくつくられています。
文章はわりと分かりやすく書かれていますが、それ以外には特に
他の一般のスクールや通信講座と差別化をがんばって図ろうとしている感触は見られません。
長く読み続けていると集中力が薄れてくることは多いでしょう。
問題集も、もちろんありますが特に目立った点は見られないでしょうか。

~日本関税協会で通関士を受けると、どんなサポートを期待できる??~
質問は基本的にメールだけでしか受け付けていません。
回数も20回までと決まっていますから、よく考えて質問をしていかないといけないでしょう。
受講者専用のサイトは用意されていますから、そこでさまざまな情報が期待できます

通信講座ベスト3

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら