通関士の年収は

通関士になったら、年収はいくらくらいになるのか? これを知ってから目指すかどうかを決めたい人たちはたくさんいるでしょう。

そんな通関士の年収ですが、高さよりも安定感がメリットだといってもいいでしょう。仕事の安定感と同様に年収に関しても安定感があるのが通関士という資格です。

もっと実態に近い話をしますと、通関士の年収は、一般的なサラリーマンと同様に、就職する企業しだいで変わるという性質がありますね。

通関士の就職先はある程度業種が決まっていますが、同じ業界でも年収や給与の体系は微妙に違います。もちろん共通する点もあって、基本的に年齢や勤続年数や(ある場合は)役職の影響を受けますが、これらはたいていの会社で変わらないことでしょう。

通関士は、やりはじめたばかりのころ、つまり勤続1年目や2年目は年収にして200~300万円前後になることも多いようです。
ここから少しずつ実績を積んで、年収を増やしていくことが通関士業務の目標となるでしょう。

20代で通関士の試験に合格して無事に就職も決めた場合は、20代のうちに年収300万円や400万円を突破して、30代に入ってから500万円前後の年収を目指すのが、現時点では妥当といえるでしょう。

もちろん40歳という大台を超えてからは、年収600万円以上を多くの人が目指すことができます。

ここで、ちょっと残念な話をしますと、勤務先によってたとえば「毎日のように残業が続いているのに、サービス残業が目立ってばかりで、年収もいっこうによくならない」といった具合に、いわゆるブラック企業のようなケースもないわけではないようですから、就職先を選ぶときは注意したほうがいいでしょう。

もちろんそんなケースはごく少数ですから、心配しすぎることはありません。「定時で帰宅できることが多い会社」「年収が1年ごとに少しずつ上がっていく会社のほうが目立っていますから。

資格取得者が貰える「通関士手当」とは?

なお、通関士の資格を持っていると、資格手当が支給される会社もあります(ブラック企業のような性質を持っている会社に入ってしまうと、これも期待できないようですから本当に就職先選びには注意が必要です)。

資格手当があると、年間にして5万円~30万円くらいの増収が見込めますから、ぜひ資格手当がある会社に入りたいものですね。

ちなみに女性の場合、かつてはあまり女性が少ない状況だったこともあってか、これまでの女性の通関士は勤続年数が長くなっても年収が上がっていかないという実態がありました。
しかしこれも現在の社会常識が反映されていく以上は大きく改善されるだろうと予測できます。

貿易業界や流通業界で働く人のすべてが、通関士の資格取得を目指している訳ではありません。

通関業界においてもすべての人が通関士資格を取得しているということでもありませんし、通関士の資格はなくても様々な部署で契約や派遣で働いている人もたくさんいます。

ただし正社員として就職や転職を考えているのであれば、貿易のエキスパートと言われている通関士の資格は必須とも言えます。

資格を取得したことによってある程度の「通関業務関しての知識の持ち主」として見なされ、即戦力として求めて貰えるからです。

正社員として採用され給与にプラス通関士手当も

また通関士の場合、通関に関する法律上の書類に責任を持って記名・押印をするという重要な仕事に携わるので、契約や派遣ではなく正社員として採用されることがほとんどです。

通関士の給料や年収は、正社員として勤務するその企業の規模や給料形態、業界などによって異なるので、「必ず給料は月額◯◯◯円、年収は◯◯◯円は貰える!」ということは一概に言えず、一般のサラリーマンと同じ程度の収入と考えていたほうが良いようです。

ただし通関士資格を取得している人には1ヶ月の給料にプラスして「通関士手当」、「資格手当」などの名目で特別手当をプラスして支給している企業が多いようです。

ロングスパンで考えたい通関士手当やキャリアアップ

通関士手当の金額は業界によっても異なりますし、通関士としてのキャリアや能力、経験などによっても差がありますが、1万円〜2万円ほどと言われています。

「すごく勉強してせっかく資格を取得したのに、たったそれだけしか貰えないのか」と思う人もいるかと思いますが、例えば月2万円×12ヶ月なので、1年では24万円のプラスに。

勤続10年で計算すると、資格手当を貰っていない人とは240万円の違いが出てきます。

さらに、通関士としての仕事のキャリアを積むことによって、その人の仕事の能力によって、より重要なポジションに移動ができたり、管理職を狙うこともできます。

通関士手当に関しては、1ヶ月単価で考えずに将来的な様々な可能性を考え、長期間で捉えたほうが良いでしょう。

フォーサイト通関士講座