革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

通関士の就職先は意外と広く探せます

通関士になるときは、試験に受かることがまず先ですが、就職をどこでするのかを選ぶことも重大なことです。通関士は会社員として働く仕事ですから、いったん入社した就職先は
そう簡単にやめるわけにもいきません。もちろん転職はできますが、
満足できる就職先・やる気に満ちた勤務ができる就職先がほしいものです。

そんな通関士の就職先ですが、わりと選択肢は何種類もあるものです。
もちろん貿易関係の仕事をしている会社に限定されますが、
視野を広く持って探したほうが後悔しないチョイスができるでしょう。

通関士の中心の就職先はもちろん通関事業をやっている会社です。
いわゆる「通関業者とは、クライアントの依頼を受けて、
通関業を代行するようなイメージで考えて問題ありません。
輸出入は、たくさんの企業がやっていますし、実は個人でもできますが、
通関業務は複雑なため通関業者に頼ることになります。そのために通関業者は需要があるのです。

その通関業者ですが、大きく分けて代表的なものをここに並べてみましょう。

・運送会社
大手の運送会社は、港湾や空港に事業所を建てて、
通関事業部門をつくって業務にあたらせていることは多いですね。

・倉庫会社
倉庫会社は倉庫を持っていて、そこで品物を保存・管理する仕事を営むわけですが、
通関事業に進出していることもよくあります。

・流通会社・航空会社
これらはいずれも主業務ではないわけです。ただし、子会社をつくるなどして
通関事業をやらせていることがありますね。

実は通関士の就職先には、通関業者以外の選択肢も最近は出てきています。
先に説明した就職先と比べれば少数ですが、通関士に受かったら以下の選択肢も
検討したほうがいいでしょう。

・貿易会社
貿易が主業務の会社は、通関事業を兼業していることはあまりないのですが、
貿易会社としても通関の知識を持っている社員を多少は雇いたいものです
(そのほうが仕事もスムーズにいきますね)。
そこで、通関士の試験に合格している人材を多少は社内に抱えておこうとする傾向もあります。

・商社・メーカー
貿易会社とほぼ同じ理由で、国際的な事業に進出している商社やメーカーは、
通関知識がある社員を欲することがあります。

通信講座ベスト3

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら