通関士のための求人の探し方

通関士の試験に合格したら通関士としてのキャリアを踏み出さないことには意味がありませんね。

通関士の求人をうまく手に入れることができないとかなり虚しいでしょうが、「通関士の求人なんて見当たらない」「通関士になっても明るいキャリアはつくれそうにない」なんて先入観に基づいた噂も流れているようです。

これから受験する人たちにとっては気になる部分でしょうから、ここでは一般的な就職活動や転職活動がうまく進まなかったときのために使ったほうがいい手を少し列挙しましょう。

これから通関士になる人たちも、こうした方法を知っておけばあとで求人を探すときにも心強いでしょうし、通関士の求人はうまくやれば確保できることも実感できるはずです。

1社ずつ通関業者に問い合わせる

これはかなりしんどく思われるのですが、広いようで狭い通関士の世界では、求人が出てくるのを待つだけではいけません
通関業者をリストアップしているサイト(全国的なサイトのほかに、各地区別のサイトもあります)等もありますからこれは意外と難しい作業でもありません。

空港や港湾部に移転する

通関事業所は、港湾部や空港、特に大きな港の周辺で開業しているものです。
また、地域によってどうしても通関事業所の数も規模も差がありますから場合によっては移転することも考えたほうがいいかもしれません。

原則として、まず自分の地域で通関士の求人を出してきそうな会社を試験に受かる前から探しておくこともいい手でしょう。

派遣社員として働く

派遣社員として働くことに関しては抵抗を感じる人も多いでしょう。

実際に不安定で立場の弱い働き方ですし、派遣社員として働いても企業社会から評価されないという事実も今の世の中にはありますが、通関士の世界では派遣社員として経験を積みながら正社員へシフトしていくことは少なくはありません

派遣社員のほうが入りやすいことも多々ありますから、最初から正社員での求人にこだわりすぎないほうがいいこともある、と覚えておくのも悪くないでしょう。

大手の求人サイトの中でも特に、転職コンサルタントが集まるサイトを利用する

これは現在では王道ともいえる就職・転職の方法ですが、外と利用の仕方が徹底していない人が多いそうです。
特に、転職コンサルタント等がやっているサイトは使わないと損でしょう。

転職コンサルティング会社は、企業から高い報酬と引き換えに人材を発掘するのが業務ですから、表に出ていない求人だって見つけてくれます。
通関士だって例外ではありません

フォーサイト通関士講座