通関士に英語能力は必要か?

通関士は貿易に関係した仕事ですから、「通関士に英語のスキルが必要なのでは?」

という想像をする人たちが今も昔も絶えないようです。
しかし、通関士は英語が嫌いでも目指せる仕事です。英語の得意不得意は通関士にはそれほど関係ないのです。それはどうしてでしょうか?

外国語で話す機会は意外と少ない

外国の人たちと会いながら働くようなことにはならないので、英語で外国の方々と会話をする機会は出てきません。

ここまでで、通関士にはまず英語で会話をする能力は大切ではないとおわかりになるでしょうか。

決まった単語しか出てこない

それでは英語の読み書きをする能力はどうでしょうか?

これも通関士にはあまり関係がなさそうです。
通関士の仕事では、英文をたくさん読んだり書いたりする機会はないのです。

書類には英語で書かれているものが確かにありますが、決まった内容のものしかありません(INVOICE)。
これを読むだけだったら、英語の能力はそんなには必要でもないのです。

最初のうちは確かにやりづらく思う人もいるのですが、「いつまでも書いてあることが理解できなくて困る」なんて事態はまず考えられません。

どのみち、貿易関係の専門用語ばかりですから、一般的な英語力が高い人にとっても見慣れない用語ばかりということになります(つまり、英語が得意な人が有利になるわけでもないのです)。

英語ができなくても通関士にはなれます

極端な英語アレルギーの人だったら、英語から完全に離れて仕事をすることは通関士にはできないですから、通関士の道を目指すことはあきらめたほうがいいでしょうが、「中学生や高校生のころにあまり英語の授業でいい点数をとれなかった」くらいの人だったら、その過去が通関士になる上で不利になることはまずありません。

実際に、現役の通関士の間で聞いてみても、「中高生のころは英語の時間が苦痛だった」と述懐している人はたくさんいます。

結論としては、英語の能力がないことを気に病む必要は通関士の受験者にはない、ということですね。

英語が特にできる人で、英語の能力を仕事に活用したいという希望がある場合には、通関士以外の仕事を選んだほうがいいかもしれないくらいです。

フォーサイト通関士講座