革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

通関士の難易度は、ただ高いだけではなく裏があります

通関士が珍重される職業になっているのは、ひとつには通関士になろうとしても難易度が高くて簡単ではないためでもあります。その通関士の難易度は、ただシビアなだけではありません
難易度が高すぎるのではつい通関士を目指すのをあきらめたくなってしまいますが、
シビアな現実から目をそむけずに切り込んでいったほうが、突破口も見えてきます。

通関士試験の難易度ですが、幸いなことに合格率等のデータが細密に世に公表されています。

                                        
年度 受験者数 合格者数 合格率
平成15年(2003年) 10,001人 1,211人 12.1%
平成16年(2004年) 10,191人 1,920人 18.8%
平成17年(2005年) 9,953人 2,466人 24.8%
平成18年(2006年) 10,357人 725人 7.0%
平成19年(2007年) 10,695人 820人 7.7%
平成20年(2008年) 10,390人 1,847人 17.8%
平成21年(2009年) 10,367人 807人 7.8%
平成22年(2010年) 9,490人 929人 9.8%
平成23年(2011年) 9,131人 901人 9.9%
平成24年(2012年) 8,972人 769人 8.6%
平成25年(2013年) 8,734人 1,021人 11.7%
平成26年(2014年) 7,692人 1,013人 13.2%
平成27年(2015年) 7,578人 764人 10.1%
平成28年(2016年) 6,997人 688人 9.8%
平成29年(2017年) 6,535人 1,392人 21.3%
平成30年(2018年) 6,218人 905人 14.6%

通関士の難易度は、この合格者の人数や合格率の移り変わりを見ると、
大まかな実態がつかめるのではないでしょうか。

この図を見ていると、通関士の難易度は確かに、低いなんて表現はできないですが、
ただ難しいだけだったら、もっと下がっていてもおかしくないですし、
それに数値の変動がもっと激しくてもおかしくないでしょう。
通関士の難易度には、上からの意図で調整が入っていると考えてください。

まずここで気がついてほしいことは、

・通関士の合格率は突然下落している(平成17年度までと18年以降で
だいぶ変わってしまっていますが、これは問題の形式が変わったことが主因だろうと
考えられています)

10人に1人以下の割合でしか今後は合格者が出されない見通しが強いこと
(問題の形式が変わったことだけが原因ではありません。
上述したように、通関士試験の合格者は綿密に調整をされているのです)

・通関士の受験者の人数が少しずつ増えたり減ったりしていること
(この5年間を通して、減少に転じているといってもいいですが
これについては今後もこの方向性が続くとは限りません。
ライバルがこれから減るだろうという見通しを持つのは早急だということです)

通関士の合格率は1割にも満たないのかと思うと、通関士の試験を受ける気分も
薄れてしまうかもしれませんが、これは「決して油断してはいけない」ことを
意味するものであって、決して「ただ望み薄」なことを意味するものではありません。

通関士の難易度にどう切り込んでいったら受かる方法が見えてくるのかは
次のページに進んで読み取ってください。

通信講座ベスト3

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら