革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

通関士の、初心者にとって必須の勉強とは?

通関士の勉強は楽には終わりません。しかし難易度や合格率のデータが教えてくれるように、通関士の勉強は、これまでの試験問題のような、手に入るデータをすみずみまでコツコツと目を通してやりぬくことで成功に向かっていけます。

それでは、普段の通関士の受験勉強の具体的な中身となるとどうでしょうか? 
通関士の勉強を成功させてくれるのは、「暗記を中心とした理解・吸収と「問題演習
の繰り返しです。
通関士の予備知識がいっさいない、未経験者にとってはそれが王道の通関士勉強法といえます。

~暗記を中心とした理解・吸収~
基本的には通関業法から勉強していかないといけませんが、最初から見慣れない法令の勉強をしないといけないため、そこで抵抗を感じると失敗のリスクも増えます。
全体を見渡して、各科目の各部分の特色を把握してからとりかかることもいいですし、
自分にとってとりかかりやすそうな部分があったらそこからはじめてしまってもいいでしょう。

率直な話、よく試験に出る範囲から先にやりはじめてしまってもかまいません
この段階で早くも、過去の試験問題が役に立ちますが、
問題集をテキストよりメインの教材にしてしまっても実はOKです。
たとえば、問題に出ている部分をテキストや参考書、あるいは関税六法から探して
読みはじめてもいいのです。とにかく、通関士の勉強の糸口をつかむことが大切だからです。
ある程度わかってきたら、テキストや関税六法の法令を改めてよく読んで、仕組みを理解します。仕組みが理解できたら、難解な用語の暗記もだいぶ楽になります。

~問題演習~
問題演習は重大なことですが、最初は問題をなんとなく読んだりなんとなく解いたりして
勉強のきっかけをつかむことからはじめて、少し経ったら本格的に解いていく段階に
切り替えていくとうまくいくでしょう。

問題演習は、試験によく出る範囲や、出題パターンを覚える上でもとても役立ちます。
この部分は他の受験者にもできることですから、よく出る部分を絶対に正解できるように
することが合格への最短ルートとなります。

問題演習では、途中から、本試験を想定した練習をすることも大事です。
時間を計測しながらその制限内で解けるようにすることも大事ですし、
過去の試験問題のほかに、オリジナルの問題を解くことも、
途中からどんどん手を出していくべきですね。

特に計算問題や申告書の作成に関する部分では演習を豊富に繰り返しておかないといけません。
(計算問題では電卓を正確に早くたたく練習もよくやっておきましょう)。

通信講座ベスト3

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら