テキストの選び方

通関士のテキストは、探そうと思えばたくさん探すことができます。

本屋に行っても、少し大きめの店を選んだら書棚に通関士のテキストも見つかるでしょうし、オンライン通販を利用するならたくさんある中から選ぶことができます。
選択肢が豊富な時代だからこそ、通関士のテキストは選び間違えないようにするべきです。

通関士のテキストを買うときに注意したほうがいいことはどんなことでしょうか?

最新のテキストを入手すること

通関士の試験も毎年新しい変化が入っています。また、法令が中心の勉強になりますが、法令は毎年どこかが変わっています。

前回の試験までの変化や、最新の法改正の内容が反映されたテキストでないとじゅうぶんな受験勉強ができません。
中古品をオークション等で買うことは、あまりほめられることではありません。

読みやすさと専門性が両立していること

読みにくいテキストではおそらく読み続けられず、通関士受験そのものが挫折してしまいます。
とにかく読みやすい構成・編集がされているテキストにするべきでしょう。

文字ばかりですし詰め状態のページが続くテキストや、白黒で機械的なテキストでは通関士初心者の学習には向きません。

ページにある程度余白が入っていてすっきりしていること文章の合間に見取り図やイラストが入っている(文章だけでは分かりにくい点をヴィジュアル的に理解させてくれる)テキストが理想です。

また、1色刷りではなく2色刷り、できれば3色かもっとカラフルにつくられているテキストのほうが読んでいて目が疲れません。

ただし、読みやすいだけでもいけません。極端な例では、初心者でもわかるようにはなっているものの、大事な部分の説明が抜け落ちている例もあるようです。
通関士試験に出る範囲を余すところなく説明しているテキストが必須です。

分冊されているシリーズを使うと勉強時間が増える?

これは、勉強時間を増やすために望ましい点です。

1冊だけで全部を説明するテキストは、どうしても重く分厚くなりがちです(たまに知識の補充目的に使うくらいならいいのですが)。
ページをめくるだけでもしんどいものですが、持ち運びに向いていません。

しかし通関士の勉強は、できれば部屋以外の場所でも暇を見つけてやるほうがいいものです。
つまり外に持っていけるサイズのほうがいいわけです。

1冊で全部を説明するのではなく、数冊に分かれていて、1冊が軽めにできているシリーズがこの用途に向いています。

ここまでを総合すると、通関士のメインのテキストは、自分で直接買うよりもまとまったセットを用意してもらうほうが好都合です。
通学ないし通信講座で注文すると、洗練されたテキストが手に入るチャンスがあります。

通関士の勉強法は、教材選びから!

通関士の勉強法の第一歩は教材選びからです。
教材と言うのは講師の役割を果たしてくれるので、元が悪ければ、これから紹介する勉強法が、活きてきません。

但し、教材と言っても独学、通信講座、資格学校によって考え方が変わってきます。

独学にはわかりやすさが必須

独学での教材選びに重要なのは、一つしかありません。 それは、わかりやすいことです。

そんな事言われなくてもわかっていると思った方もいると思いますが、 本当の意味で理解している人は少ないと感じます。

わかりやすさというのは、難しい表現を易しく書かれていることだと思っている方がいます。
ですが、通関士の本試験では難しい専門用語で出題されるので、易しい表現に慣れてしまえば合格するための勉強が出来ないのです。

わかりやすさというのは、あくまでも図表を使いながら、全体の仕組みが理解しやすいようになっていて、難しい専門用語は補足として、わかりやすく説明されていることです。 ここを理解しなければなりません。

しっかりと勉強するなら市販はおすすめしない

しかし、わかりやすい教材というのは、図表を多用しているため、ページ数の関係から 全て情報を載せきれないものが多くなります。
かといって文字だけでの教材だと理解が難しく、途中で挫折してしまいます。

それを補う方法は、法令集のような参考書を使うことが考えられますが、 十分とはいえません。

そもそも市販されている教材というのは、試験に合格させるためのものではなく、 学校に通学してもらうための宣伝として書かれたものですので、本当に良い教材を 探すのは困難です。

また、文字情報だけで全てを会得しなければいかず、読解力とその背景を読み取る力も必要です。

つまり、市販されている教材で合格するには、すでにある程度知識が備わっているか、 もともと勉強が出来る人に限られてしまいます。 これが市販されている教材の実態でしょう!
ただ、そうは言っても独学で勉強する方もいるので、 このページで説明した教材選びのポイントを以下にまとめます。

テキスト

図表を使いながら、全体の仕組みを理解しやすいこと。専門用語を多用しながら、補足でその説明が成されていること。

参考書

法令集や関税六法のような法令集。

問題集

過去10年以上の過去問の出題傾向を求めていて、解説がわかりやすいこと。
過去門とは別の申告書作成問題集を用意すること。

尚、ここでは個別の名称は出しません。 市販教材は、どのテキストも正直そんなに差がないと思います。 大切なのは自分の目で、実際の教材を見ることです。

フォーサイト通関士講座