過去問学習を捗らせるためのポイント

通関士の過去問もテキスト同様に、探そうと思えばたくさん探すことができます。
売っている場所はたくさん探すことができますし、実はただで配布している例もあるほどです(インターネットで探したら、あっけないくらい簡単にただでダウンロードできるサイトが見つかります)。

通関士のテキストも種類が多い以上、内容にこだわるべきです。

最新の通関士の過去問を入手すること

テキストと同様に、過去問も最新のものを(つまり、前回の通関士試験まで含めた内容で)入手しないと受験の役には立ちません。

通関士の過去問は、前回の試験までの傾向を知ることが主目的でもありますから、古めの過去問ばかりでは役不足になってしまいます。

それに解説についても、前回の試験をよく研究した上での言及がされていないと最新の受験対策をすることができません

解説がたっぷりとついていること

通関士の過去問には、安く手に入るものほど解説が少ないという意見もありますね。
実際にただで手に入る過去問は、解説が少ないか、またはいっさいついていないことまであります。

解説がどれだけ大事かはいうまでもありませんが、その選択肢が正解である理由だけではなく、他の選択肢ひとつひとつについてどこが妥当でないのか書いてあるほうがいいでしょう。

複数年分(たとえば5年かそれ以上)でまとまっていること

通関士の過去問は、各年度の試験問題を比較することに深い意味があるものです。

比べることで、どのあたりがよく試験問題に採用されているのかがわかりますし、問題によっては数年おきに採用されているという法則までわかってくるものです。

こういった傾向や法則性は、通関士試験の運営本部が、根気よく勉強する性格の受験者にプレゼントしている特典だと考えてほしいと思います。

テキストと同様に、通関士の過去問も、自分で直接買うよりもまとまったセットを用意してもらうほうが好都合です。
通学ないし通信講座で注文すると、洗練されたテキストが手に入るチャンスがあります。

それに過去問のほかに、オリジナルの練習問題まで一緒に用意してくれるのが普通ですから、一石二鳥となります。

フォーサイト通関士講座