革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

通関士の独学にこだわりたい場合の名案

通関士の試験を、独学で何とかすることができそうだったら? 
そのときには是が非でも独学したいと思っている受験者はやはり多いでしょう。

独学は、スクールに通うときと比べて大きなメリットがあります。
つまり、高い授業料や入学金を用意しなくていいですし、
スクールに何ヶ月もの間足を運ぶ必要もありません。
就職や転職を考えている受験者にとってはお金や時間がかかってしまうことは
大きな負担
になりますから、独学で通関士に受かりたいという思いも自然と強くなるようです。

なんとかして、お金をかけず、時間にも縛られずに独学で通関士に受からないかと
思っている受験者には、いったん「お試し期間を設定することをおすすめしたいと思います
(全体の勉強時間や勉強計画を決めるためのアドバイスは
他のページで指定していますからそちらを参考にしてください)。
勉強をいつからどれくらいの期間をかけてやるのかを決めてから、
その期間の最初に、独学をチャレンジする期間を挿入してみるわけです。
この期間は好きなようにきめてかまわないですが、あまり長すぎるとよくありません。
せいぜい半月くらいまでにするほうがおすすめですが、
試験日までに1年近くあるような場合だったら1ヶ月くらい使ってもいいでしょう。

さて、その独学お試し期間中に、少しでもはかどらないと感じたら、
その時点でもう自分には独学での通関士受験は重荷すぎると実感して、
切り上げたほうがいいでしょう。そのまま粘っても勉強がはかどる可能性は非常に少ないため、時間を浪費することになってしまいます。

実際に独学を試してみた人はこれまでにも少なくないのですが、
早めに見切りをつけた人もまた非常に多いですね。
つまり、独学では難しすぎると実感して、早々と通関士のプロの先生に教わる方法に
切り替えて得をした人が多いということです。

独学による通関士受験に未練を感じている人たちは、独学を試してみて無理だと悟ったあとには、通信講座を使うほうがいいでしょう。つまりスクールよりもかなり独学に近いからです。
通信講座では、在宅で受講できるため時間の縛りがほとんどないのにスクール同様に教えてもらえます(よく選ぶと、スクールの数分の一で済む通信講座も見つかります)。

通信講座ベスト3

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細、無料資料請求はこちら