良い通信講座の選び方

通関士の通信講座は、大半の受験者、それもまだ知識も経験もいっさいないまったくの素人の受験者の大部分にとって有益な効果をもたらしてくれます。

そんな通関士の通信講座ですが、どの会社から取り寄せても同じ効果が出てくるわけでもありません。

そこで、通関士の通信講座について、選ぶときの最近のキーポイントを整理してみます。

映像を駆使した教材がしっかりとつくられている

これは今の通信講座ではほとんど必須の条件といってもいいでしょう。
通学講座と違って通信講座は、通関士の授業を、先生の目の前で聴けませんね。

これは大きな弱点になりかねないことですが、その弱点を補って余りあるのがDVDやWebの動画を使った映像での講義です(いわゆる、eラーニングですね)。

これがしっかりしている通関士通信講座ほど、学校に行く代わりに選ぶ価値があります。

できれば、テレビの教育番組のようによくできている講座を選んだほうがいいでしょう(安くつくられていると、先生が説明をする場面をただ正面から撮っただけの利用しづらいものもあります)。

サポートがしっかりしている

これも通関士の通信講座では大事なことですね。通信講座では先生やスタッフと直接接することができません。
さまざまな通信手段を使って受講者をサポートする仕組みを確立しているところがいちばんです。

質問をする方法がたくさんあることや、返答が迅速なことは大きいですし、今だったらWebを通したサービスがあるかどうかも大きいです
受講者が使える会員制のWebサイトやメールマガジン等があるとベストでしょう)。

通学講座と通信講座を併設している会社は、予算に注意

大手のスクールは、通学講座も通信講座も合わせて開講していることが少なくありません。

これらのスクールではどちらの講座にも資金を大量に投じていることが多く、そのことを実感できる環境で勉強できるのはいい点です。

しかしその分金額が割高になりがちです。あまりお金をかけたくない人は通信講座専門の会社に目を向けるほうがいいのではないでしょうか。

ここまでにあげた点は、就職や転職をどこにするか迷っている人たち、通関士のことを知らないのに興味が出てきた人たちにかなり共通している項目です。
こうした項目に注目しながら通関士の通信講座の各社の資料を見つめてみましょう。

フォーサイト通関士講座