マウンハーフの評判

通関士の通信講座をここでひとつずつ詳細に説明していきましょう。
いくらかかるのか、どんな教え方をしてくれるのか、といった受講者が気になる点を項目化して説明していきます。

今回は「マウンハーフ」の通関士の通信講座についてです。

マウンハーフで通関士を受けると、どんな感じで勉強することに?

マウンハーフは、他の通信講座の会社と違って、貿易関係の通信講座しか開講していないといわれています。
これは実は今の日本ではかなり稀有なことです(他社は軒並み、たくさんの資格を教えています)。

こだわりを持っていることは事実で、マウンハーフは、通関士の受験指導の第一人者と呼ばれる有名な指導者が講座を手掛けることで有名になりました。

実際に造詣の深い指導を受けることができる講座です。教材の量は決して多いとはいえないのですが、知識の吸収と、試験本番のための演習とがうまくバランス化されていることは間違いありません。

全部を勉強できるコースの代表、および金額の説明

  • テキストコース:44,000円
  • ゴールドコース:165,000円

通関士の通信講座としては、マウンハーフはやや高いでしょう。

マウンハーフで通関士を受けると、どんなテキストや問題集を使うことに?

マウンハーフのテキストは「重要なポイントは図解にしてある」といった工夫はひと通りされているのですが、ページ構成は全体としてはそれほど見やすく、飽きずに使えるというほどではないでしょう。

モノクロ印刷でわりと余白も少ない構成が目立つため、読んでいて単調になってくるという意見を持つ人は少なくない模様です。
マウンハーフは人によって好き嫌いがけっこうある通関士通信講座といってもいいでしょう。

合格ハンドブック(市販されています)に軽く目を通して、自分に適性があるかどうかを確認してから選ぶといいかもしれません。

マウンハーフで通関士を受けると、どんなeラーニング教材を使うことに?

通関士の通信講座といえば、映像による講義があることが今では常識になりつつありますが、マウンハーフの場合はDVDのみであって、eラーニング自体がないことが難点でしょう。

マウンハーフで通関士を受けると、どんなサポートを期待できる?

マウンハーフの通関士通信講座では、あまり目立つ形でサポート系のサービスが行われていないという印象を持つ人もいるようですが、そんなことはなく、メールマガジンを発行したり、講師ブログを使ったりして情報を多数発信することをやっていますね。

受講希望者向けのガイダンスやスクーリング・模擬試験等のイベントも随時企画している模様です。

フォーサイト通関士講座