通関士の就職で大事なこととは?

通関士のキャリアを成功に導く上で忘れてはならないこと。
それは、「机上の勉強」プラス「活きた、現場での勉強」の両方がそろわないといけないということですね。

通関士の資格を取得してから、通関事業者への就職を予定しているなら、この点をはき違えないようにしないといけません(もっともこのようなことは、たいていどんな職業にも共通しているのですが……)。

この点は、就職活動をするときも忘れないことが大事です。
最適な就職先を発見することは、どんな合格者にとても一大事ですが、やはりすべての合格者がそれを実現することは難しいようです。

大事なことといえば……?

キャリアを粉飾しない

通関士の試験に合格したのであれば、もちろんそれは履歴書に書くべきですし、面接の際もしっかりとPRするべきでしょう。

しかしまだ全然実務経験がないのであれば、そのことは誤解されないように書いておくべきです。
そして決して、働いたことがあるかのような表現をしてはいけません。

経験者を優先して探しているような企業だったときは、その点で不利になりますが、だからといって虚偽のPRはNG。

未経験者を育ててくれる業者を一生懸命に探す

通関事業者は、実はピンキリです。経営者や人事担当者にしても、通関士のことをよく理解している人がその地位についているとは限りません。

残念なことですが、通関士の仕事を甘く見ている担当者も確実に存在しています。未経験者が就職する場合、試験に受かっていてもすぐには一人前としての活動はできません。一人前になるにはやはり数年は必要でしょう。

面接に行くときは、未経験者をきちんと育成してくれる会社なのかどうかを見極める必要がありそうです。

フォーサイト通関士講座